特集企画

日本下水道協会 第5回定時総会

2016年06月22日

 人口減少社会やそれに伴う地方財政の逼迫、使用料収入の減少、人・組織の脆弱化など、事業を取り巻く環境は厳しさを増している。下水道人口普及率が8割に達し、本格的なマネジメント時代が到来する中、地方公共団体では、維持管理に加え、未だ残る未普及地域への対応など、限られた「人」「モノ」「カネ」の中で下水道事業をマネジメントしていかなくてはならない。今回、地方中小都市を代表して赤磐市の友實市長と国土交通省下水道部の塩路部長(当時)にマネジメント時代のあり方を語り合っていただいた…(2~13面)

ページの先頭に戻る