特集企画

施設防食

2019年11月27日

 下水道事業がマネジメント時代に突入し、ライフサイクルコストやリスク評価に基づく施設整備・運営管理が重要視される情勢にある中、下水道ストックの大半を占めるコンクリート構造物における腐食劣化対策の重要性はより一層高まっており、防食ビジネスの裾野は広がりつつある状況にある。そこで本紙では、産官学における施設防食における研究開発動向、新技術の活用、象徴的な具体事例など、インフラマネジメント時代における施設防食のあり方を掘り下げ特集する・・・(7~18面)

ページの先頭に戻る