最新ニュース

新菱工業 傾斜板沈降装置

2019年03月18日

 沖縄県宜野座村は、福山浄水場に新菱工業の販売する「両翼可動式傾斜板沈降装置」(開発=水道施設整備技術協議会・田村善胤氏)を導入した。同装置の導入は全国初。
 この装置は、従来の固定式傾斜板とは違った多階層の翼板(傾斜板)が可動する構造となっており、水平状態で効率的にスラッジ(沈澱物)が堆積し、翼板を可動させ傾斜状態にすることで堆積したスラッジが滑落する構造となっている。

ページの先頭に戻る