特集企画

新経営体制で臨む名古屋市下水道

2018年06月06日

 名古屋市上下水道局は、230万人の市民へ高質な上下水道サービスを持続的に提供するため、平成28年度より本格的なアセットマネジメント手法を用いた資産の洗い出しを行うなど人・モノ・カネの経営資源の最適化を図り、効率的な事業運営に向けた先進的な取組みを進めている。宮村喜明局長への就任インタビューをはじめ、同局が「みずプラン32」で掲げた各施策の進捗状況、さらに事業を担う職員の声として伝馬町水処理センターの現場ルポを紹介する・・・(8~12面)

ページの先頭に戻る