最新ニュース

改正水道法 施行

2019年10月03日

 10月1日、法目的を「水道の基盤を強化」に改め、適切な資産管理、広域連携、官民連携の推進などを柱とする改正水道法が施行を迎えた。平成27年の法制度見直しに関する検討開始から約4年半の歳月をかけた基盤強化策が動き出した。厚生労働省は9月30日、大臣名で「水道の基盤を強化するための基本的な方針」を告示するとともに、水道課長名の施行通知を全国の都道府県と水道事業体等に発出した。法令および告示では関係者の責務・役割を示しており、「基盤強化」を旗印にした関係者一体での次世代水道の構築に向けた行動が日本の将来の鍵を握る。

ページの先頭に戻る