最新ニュース

推進協 外国人材の育成・輩出へ

2019年06月05日

 今年4月に施行された「建設分野における特定技能の在留資格に係る制度」により、外国人労働者の新たな在留資格「特定技能」が創設され、建設分野における特定技能の対象工種および技能評価試験の一つにトンネル推進工が指定されるなど、推進工法業界への外国人労働者の参入促進に向けた環境が整いつつある。日本推進技術協会(中野正明会長)では、推進工法業界の担い手確保に向け関係機関への情報提供、さらには評価試験実施の支援を通じ、外国人労働者の推進業界への参入を後押ししている。


ページの先頭に戻る