特集企画

持続に向けた概念と技術

2019年01月30日

上下水道 スマート化最前線

 ICT/IoTによる社会変革は、水分野に大きな影響をもたらそうとしている。上下水道インフラは管理・更新の時代を迎え、さらに人口減少社会と気候変動による影響が懸念される中、これまでの水管理、社会全体の水利用、そして水がメディアとなり循環するさまざまな資源をデータとしてつなぐ「水のスマート化」によって、最も効率的なインフラを構築することが期待される。この水循環のスマート化の最新技術が30日から3日間、東京ビッグサイトで開催されるインターアクア2019で一堂に会する。そこで今回、上下水道の「スマート化最前線」に焦点を当てた・・・(5~12面)

☐ 特集内容 ☐
・スマート化の展望 …5面
・サービス維持・向上のツールに …6面
・水道IoT実証事業 …7面
・スマートメーター技術最前線 …8~9面
・上下水道計画にもたらす変革 …10面
・スマート化ソリューションのこれから …11面
・スマート化と企業活動 …12面

ページの先頭に戻る