特集企画

座談会 北海道胆振東部地震を振り返る

2019年03月25日

 株式会社クボタ工建は1日、社名を「株式会社クボタ建設」に変更した。来年1月には、クボタグループのクボタパイプテックおよびクボタプラテックの工事部門との再編を予定している。今後、クボタのパイプインフラ事業との連携をさらに強化し、総合管路ソリューション事業にも取り組むとともに、水関連事業の建設専門企業「水コン(みずコン)企業」として事業量拡大を図る。荒川社長に、同社のこれまでの歩み、ならびに新たな〝クボタ建設〟の今後の戦略について伺った・・・(4面)  昨年9月6日に北海道胆振地方を震源とした地震が発生し、道内で初めて最大震度7を観測した。道内全体での最大断水戸数は約6万戸に及んだ。また、前日に北海道に接近していた台風21号の影響で厚真町を中心に大規模な土砂崩れが発生、さらに北海道全域でブラックアウトが生じたことで混乱が広がった・・・(9~11面) 株式会社クボタ工建は1日、社名を「株式会社クボタ建設」に変更した。来年1月には、クボタグループのクボタパイプテックおよびクボタプラテックの工事部門との再編を予定している。今後、クボタのパイプインフラ事業との連携をさらに強化し、総合管路ソリューション事業にも取り組むとともに、水関連事業の建設専門企業「水コン(みずコン)企業」として事業量拡大を図る。荒川社長に、同社のこれまでの歩み、ならびに新たな〝クボタ建設〟の今後の戦略について伺った・・・(4面)

ページの先頭に戻る