特集企画

  • HOME
  • 特集企画
  • 座談会 九州地方の持続可能な管路管理を考える

座談会 九州地方の持続可能な管路管理を考える

2016年03月23日

 高度経済成長期の急速な普及促進で整備された下水道管きょだが、現在、全国的に更新の時期を迎えつつある。計画的な管路管理の必要性が高まる一方で、自治体が維持管理に必要としている人員、予算等は不足気味だ。こうした中、国土交通省は平成28年度予算において「下水道ストックマネジメント支援制度」を創設するなど、支援に向けた取組みを強化している。また、包括的民間委託の導入など、管路管理の委託範囲を拡大し、民間活力を導入する動きも広まっている。今回、九州地方の主だった自治体の担当者にお集まりいただき、今後、管路の維持管理を本格化させる他の自治体の参考となるような事例について、座談会にて情報交換していただいた…(2~4面)

ページの先頭に戻る