特集企画

広島市下水道 持続に資する人材育成

2019年09月04日

中四国地方最大の都市である広島市では持続可能な下水道の実現に向けて計画的な事業マネジメントを実践しているところだが、実務を担う職員の確保と育成という視点は欠かすことのできない大切なポイントだ。今回は同市の人材育成の取組みや視点について倉本喜文・広島市下水道局長に話を聞くとともに、最新トピックを紹介する・・・(8~9面)

ページの先頭に戻る