特集企画

対談 「経済」から見る下水道事業

2016年06月22日

-下水道事業の生産性、ストック効果等-

 「下水道インフラの価値を定量化できないか――」。
 下水道経営の強化が叫ばれる中、京都大学の要藤准教授と国交省下水道部管理企画指導室の藤川室長(当時)に、「経済」から下水道事業を分析してもらった。産業としての成長性や、規模の経済、範囲の経済、またネットワークの経済、地域経済に与える便益など、経済を通すと下水道事業の新たな顔が見えてきた…(14面)

ページの先頭に戻る