最新ニュース

奈良県地域政策課 県域水道一体化めざす

2019年03月25日

 奈良県地域振興部地域政策課は3月、「新県域ビジョン」を策定し公表した。現行のビジョンは平成23年度に策定、県内市町村について特性を考慮して3地域に区分し、それぞれで広域化のモデルを検討し、地域単位での広域化手法に先鞭を付けたビジョンとして注目された。その後、ビジョンに沿って、県水への水源転換、磯城郡3町による経営統合の合意等、地域単位での広域連携の取組みが進んできた。新ビジョンでは、県内を「上水道エリア」「簡易水道エリア」の2エリアに区分。上水道エリアでは県域水道一体化(経営統合)、簡易水道エリアでは広域的支援体制(受け皿組織)の構築をめざすとしている。

ページの先頭に戻る