最新ニュース

大阪市31年度予算 夢洲地区で下水道整備

2019年03月27日

 大阪市建設局は平成31年度の下水道事業会計当初予算が1632億9355万円(前年度比約0.98%増)となることを明らかにした。2025年日本国際博覧会(万博)の開催決定やIR(統合型リゾート施設)開業を目指すため、夢洲地区での下水道整備に関する調査、基本・詳細設計などのインフラ基盤整備を加速させる(総額のうち56億200万円は港湾事業会計分および水道事業会計分を含む)。

ページの先頭に戻る