最新ニュース

大都市水道局大規模災害検討会

2019年01月17日

 大都市水道局大規模災害対策検討会の第1回会合が12月21日、都庁で開かれた。検討会は南海トラフ巨大地震や首都直下地震をはじめとした巨大地震、風水害等の大規模災害による広域被害を想定し、その対応策等について協議する。災害派遣実績を持ち、各地方の災害対策をリードする19大都市が連携し、喫緊の課題や対策を検討するとともに、各都市の先進事例等について情報交換や知見の共有を図り、水道界全体の防災力向上を目指す。会合では近年の災害対応における教訓を踏まえて、南海トラフ巨大地震の発生時を想定した課題への対策事案について、意見交換を行った。

ページの先頭に戻る