最新ニュース

埼玉県 ICTで無人化を推進

2020年03月11日

埼玉県下水道局は令和2年度流域下水道事業会計を明らかにした。予算総額は約850億6653万円で、うち建設改良費は約260億4632万円。
 令和2年度は、新規事業としてICTによる新河岸川上流水循環センター遠隔操作の取組みに着手するほか、平成31年1月に策定した「埼玉県下水道局ストックマネジメント計画」に基づき、下水道施設の老朽化対策および災害対策事業を進める。

ページの先頭に戻る