最新ニュース

国交省 DB化手法を標準化

2019年07月17日

 施設の老朽化が急速に進行していくことが見込まれる中、国土交通省は17日、国や地方公共団体、行政機関、民間団体らの担当者による「下水道管路施設における維持管理情報等を起点としたマネジメントサイクルの確立に向けた技術検討会」を設置すると発表した。22日に初会合を開く。下水道台帳の電子化や必要とされる維持管理情報、その活用など各手法を標準化し、年度内にガイドラインとして取りまとめる。


ページの先頭に戻る