最新ニュース

国交省 浸水対策 連携の時代

2019年04月24日

 国土交通省は、今年度予算で防災・安全交付金の一部を個別補助化し、地方公共団体での浸水対策を計画的・集中的に支援している。個別補助のうち、河川と連携するものが対象となる「事業間連携下水道事業」では、郡山市など3都市が採択を受けた。昨年発生した西日本豪雨では、長時間の降雨で河川水位が上昇し、内水排除できない事態が発生していた。社会資本整備審議会の提言でも、河川や下水道などが相互に連携する必要が指摘されており、浸水対策は分野を超えた連携が求められる時代に入った。

ページの先頭に戻る