最新ニュース

国交省 支援にアセットの視点

2019年03月27日

 国土交通省の社会情勢の変化等を踏まえた下水道事業の持続性向上に関する検討会(座長=花木啓祐東洋大学情報連携学部教授)の最終会合が20日、日本下水道協会会議室で開かれ、国が講ずべき技術的、財政的支援の方向性を盛り込んだ報告書案が示された。国の支援の方向性として、アセットマネジメントの促進を掲げ、これを支えるために必要となる施策を列挙した。報告書案は今会合で出た意見を踏まえた修正を行った後、公表する。

ページの先頭に戻る