最新ニュース

国交省 具体の施設対策を示す

2019年12月18日

 分流式下水道の汚水管に雨水や地下水が浸入する雨天時浸入水が全国的な課題となる中、国土交通省下水道部が設置した学識者や自治体職員などで構成する雨天時浸入水対策ガイドライン策定検討委員会(委員長=花木啓祐東洋大学情報連携学部教授)は13日、具体の対策計画の策定に必要となる検討事項を記載したガイドライン案を示した。運転管理や施設対策などの具体手法を例示したほか、参考資料として地方公共団体の取組み事例を盛り込んだ。

ページの先頭に戻る