最新ニュース

厚労省 クリプト対策省令・指針を改正

2019年06月03日

 クリプトスポリジウム、ジアルジア対策の水処理技術が大きな潮目を迎えた。「水道施設の技術的基準を定める省令の一部を改正する省令」(別掲)が5月29日に公布、施行され、クリプト等の耐塩素性病原生物が混入する恐れがある地表水(レベル4)原水対策として「ろ過処理後の一定要件を満たす紫外線処理」を認めるとともに、その際の濁度計設置を義務付けた。省令改正に合わせ「水道におけるクリプトスポリジウム等対策指針」についても改定(2面に要旨)。厚生労働省は同日付で全国の都道府県、水道事業体等に通知を発出した。

ページの先頭に戻る