特集企画

北九州市下水道100年の歩み

2018年07月11日

 今年、北九州市は下水道事業着手から100年という節目の年を迎えた。大正7年に旧若松市での事業着手以来、下水道の黎明期から今に至るまで、多くの関係者によって紡がれてきた北九州市下水道の歴史に改めてスポットライトが当たるまたとない機会となる。かつて深刻な公害に悩まされながらも、関係者が一丸となって環境対策、とりわけ下水道整備に取り組んだことで、紫川、洞海湾は見違えるような姿となった。今回、北九州市下水道100周年に合わせ、現役幹部職員、OB、民間企業の方々に北九州市の下水道整備の歴史や転換点などを紹介していただいた・・・(4~5面)

ページの先頭に戻る