最新ニュース

加古川市 DB未普及解消が始動

2019年04月24日

 加古川市上下水道局は、下水道未普及地域の早期解消の実現のため、民間事業者の優れた企画力・技術力を活用し、効率的かつ効果的に公共下水道事業を実施するDB方式(デザインビルド=設計施工一括発注)を導入した面整備を行う。志方地区外公共下水道整備事業(第1工区)として実施する約12.7㌔㍍の下水道管布設等について、公募型プロポーザル方式による事業者選定を行い、今月から事業を開始した。なお、同事業は、水道管の移設、仮設・復旧に係る設計、施工も含まれており、従来では成し得なかった事業量の早期達成を図ることで、全国の下水道未普及地域の早期解消に向けた先行事例となることが期待されている。 

ページの先頭に戻る