最新ニュース

全水道・自治労・自治労連 災害対応基盤の強化へ

2019年10月21日

 全日本水道労働組合(全水道)、全日本自治団体労働組合(自治労)、日本自治体労働組合総連合(自治労連)の3団体は18日、政令市の水道労働組合で構成する「大都市水道労働組合協議会」を発足させた。東京・文京区の全水道会館で開かれた第1回協議会には、3団体の役員と全国17都市の組合幹部らが出席。団体の垣根を越えた情報交換の重要性で一致し、災害対応の強化に向け、今後もゆるやかに会合を継続開催していくことを決めた。厚生労働省の熊谷和哉水道課長による記念講演も行われた。

ページの先頭に戻る