最新ニュース

京都府議会ら 改築への国庫補助継続を

2019年03月20日

 京都府、福知山市、向日市の各地方議会で、下水道施設の改築への国費負担の継続を求める意見書が相次いで議決された。汚水施設の改築を原則使用料で賄うべきとした財政制度等審議会の建議に反対の意向を表明し、現行制度の継続を要請している。今回の議決により府内の自治体の意見書の議決数は16に上った。日本下水道協会に寄せられた情報によると、現時点で全国の地方議会での意見書の議決数は49に上る。

ページの先頭に戻る