最新ニュース

九州大雨 想定超えた110mm

2019年09月04日

 前線の影響で時間110㍉もの猛烈な雨が降った佐賀市では、市内南の平野部を中心に大規模な浸水が発生した。被害は広範囲にわたっており、市では全容の把握には時間がかかるとしている。一方で、雨水ポンプ場の整備で対策を行っていた地域の住民からは、その整備効果を実感する声も聞かれている。


ページの先頭に戻る