特集企画

九州の管路管理最前線

2018年06月20日

 下水道整備促進を目指して迅速に整備された下水道管きょが、現在、全国的に更新時期を迎えつつあり、管路老朽化に伴う道路陥没も毎年一定数発生している。維持修繕基準の導入、下水道ストックマネジメント(SM)支援制度に基づくSM計画の策定も九州で着々と進んでいる。こうした中、九州地方の管路管理に関わる関係者にお集まりいただき、本格化する改築・更新需要について話し合っていただいた・・・(20~21面)

ページの先頭に戻る