最新ニュース

下水道機構 浸水解消の早期実現へ

2019年06月12日

 日本下水道新技術機構は、「効率的・効果的な浸水対策に資するポンプゲートに関する共同研究」を完了し、5月末にマニュアルを発刊した。マニュアルはポンプゲートの導入支援に向け、計画論から設備設計、運用・維持管理までを網羅したもの。共同研究には、自治体として旭川市、高知市が、コンサルタントとしてNJS、メーカーとして石垣、丸島アクアシステムが参加した。


ページの先頭に戻る