最新ニュース

下水協 補助制度堅持を直談判

2019年05月22日

 全国7地方下水道協会が下水道施設の改築更新を着実に進めるため、現行の国庫補助制度の堅持を訴えている。日本下水道協会が、各地方下水道協会総会で決議予定の会員提出議題を事前に取りまとめた。これに加えて大都市が多く集積する地方下水道協会からは老朽化対策への支援の拡充を訴える声も出た。15日に下水協が主催する国と地方下水道協会の代表者との意見交換会議が開催され、制度の創設へ活発な議論が交わされた。


ページの先頭に戻る