最新ニュース

ダンビー工法 東北初、曲線用更生材導入

2019年03月06日

 クボタケミックス、クボタ工建、大阪防水建設社が共同開発した中大口径向け製管工法「ダンビー工法」が、仙台市建設局発注の大口径幹線耐震化工事(更生工事)で、屈曲角12度の難現場施工を実現した。施工業者は長谷川建設(本社=仙台市、長谷川淳社長)。昨年度の日本下水道新技術機構の建設技術審査証明で変更取得した急曲線・屈曲施工用更生材(曲線用ストリップ)を導入したもので、東北地方では初の実績となる。

ページの先頭に戻る