最新ニュース

ダク協イノベーション研 小規模簡易DB最終報告へ

2020年03月02日

日本ダクタイル鉄管協会は2月5日、「管路更新を促進する工事イノベーション研究会」(座長=滝沢智東京大学大学院工学系研究科教授)の第6回会合を開き、小規模な管路工事を対象にした小規模簡易DB方式の標準的な手順をまとめた報告書の最終案について審議した。すでにHP上で公開した中間報告に、十和田市、十日町市、小松島市で実施したモデルケースのモニタリング結果、実例を交えたフローチャートなどを盛り込む。来年度から3カ年の予定で調査研究を継続することも決定、地元業者を主体に複数工区や幹線施工など工事規模を拡大した場合について検討していく。

ページの先頭に戻る