最新ニュース

さいたま市水道局 人口減見据えた経営へ

2019年11月25日

 さいたま市水道局は19日、さいたま市水道事業審議会の初会合を開いた。同市では平成16年9月に「さいたま市水道事業長期構想」を策定し、2度の改訂を経ながら、構想に基づく取組みを進めてきた。審議会は、現構想が来年度に目標年次を迎えるため、令和3年度から10カ年の次期長期構想を審議することを目的に、市長の諮問機関として設置された。初会合では、東洋大学大学院の石井晴夫客員教授を会長に選任。同市の森田治水道事業管理者から石井会長に諮問状が手交され、検討がスタートした。

ページの先頭に戻る