特集企画

こども下水道新聞 2016年号

2016年06月22日

 名古屋駅は東海道新幹線をはじめ、JRの各路線、名古屋鉄道などが乗り入れ、1日に100万人以上が利用する中部地方の玄関口です。さらに2027年にはリニア中央新幹線が開通する予定となっています。
 この名古屋駅周辺を浸水から守るため、リニア中央新幹線よりもさらに深い地下約50メートルの場所に、雨水を貯める巨大なトンネルがつくられています。大雨からまちを守ることも、下水道の役割の一つです…(1面)


もくじ
②リニアの下に巨大トンネル!?
③干潟を学ぼう
④⑤こども記者の潜入取材
⑥下水道のアレ!コレ?
⑦どんどん広がる下水道の世界
⑧マンホールカード

ページの先頭に戻る